読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロクラシスト

みんなのProcrastination(先延ばし、回り道)を少しでも有意義に。

MENU

【低価格・高品質!】コスパ良し!非純正レンズメーカの見方と選び方

こんにちは!ほけきよです٩( ᐛ )و

世間はアメリカンな話で盛り上がっているようですが、今週は趣味のカメラの話を続けます!!

昨日はCanonレンズの見方について説明しましたね。もちろんCanonNikonなどの大手カメラメーカは自社でカメラレンズを販売していますが、実はCanonの本体につけられるレンズを他社が作ったりもしています。

非純正レンズメーカ達

SIGMA

職人気質なメーカー。描画力に定評がある
私はSIGMAレンズ出とったときの青色が好きです。

などが気になる方は是非SIGMAを!

今日はそんな中から一つこちら

SIGMA 超広角ズームレンズ Art 12-24mm F4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

SIGMA 超広角ズームレンズ Art 12-24mm F4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

超広角ズームレンズといえばこれ!!というおすすめレンズです

Art

SIGMAレンズは、商品ラインが3種類あり、用途に合わせて探すことができます。

  • Contemporary 標準的なレンズ(ズームレンズ、常識的な単焦点)
  • Art ちょっと面白い写真を取りたい人向け(超広角, マクロレンズ, 魚眼レンズ)
  • Sports スポーツを撮りたい人向け(望遠レンズ)

DG

どのカメラと合うか。Canonで言う、EFかEF-Sかみたいなもの。以下の3種類がある

  • DC APS-C機向け
  • DG フルサイズ向け(APS-C機にも使える)
  • DN ミラーレス用

HSM

フォーカス時のレンズを動かすモーター

Hyper Sonic Motorの略で、基本的にCanonのUSMと同じような性能

TAMRON

こちらも有名なメーカですね。TAMRONといえば

が有名だと思います。単焦点を買うならTAMRONの90mm!と言われるほどです

SP Di

SP「高性能」シリーズという意味です。基本的にTAMRON製品はSPを冠するものでOK.

また、その中でもより高品質なものに“Di”の称号が与えられます

VC

手ぶれ補正機能のことだと思ってください。より詳しい説明はこちら

https://www.tamron.co.jp/lineup/a20/vc/vc.html

USD

『Ultrasonic Silent Driver』の略です。

SIGMAのHSM, CanonのUSMと同じです。 しかしわかりにくいですね。権利関係のせい??

統一してくれたら良いのにと消費者としては思います!

TOKINA

F値2.8の通しズームレンズを作った初めてのメーカーです!

TOKINAレンズ、かつては流行ったという印象が拭えないレンズメーカーです。 今じゃ2.8通しのレンズもかなりの量ありますしね。 正直、私は使ったことが無いので、商品についてはあまり良く知りません。。。

個人的には、SIGMA, TAMRONのレンズで大半のことができるのでは??と思います。なので割愛!!(TOKINAファンの方、ごめんなさい。)

純正・非純正の良し悪しをまとめてみた、レンズを選ぶ際の参考に!

純正品

純正の良し悪しをまとめると

  • 良い点
    • 品質・相性がいい
    • サポート対応
    • 汎用性が高い商品が多い
  • 悪い点
    • 高い
    • 特に特殊な状況のレンズは高い、もしくは存在しない

です。万人に気持ちよく使ってもらうため、いろいろな場面で使えるようにするために 設計されているという感じです。

一方で、一番の問題点は、やはり値段です。以前記事で紹介した超広角単焦点も、値段が理由で諦めました。

www.procrasist.com

また、「○○に特化したレンズ」というよりかは、全体のバランスを考えたレンズという印象の商品が多いです。

非純正品

非純正は、純正の穴を埋めるという感じです

  • 良い点
    • ある用途に特化したレンズが見つかる
    • 安い
  • 悪い点
    • 相性等で品質が落ちる(こともある)
    • サポート

コスパは基本的にとてもいいです。

純正品が「万人受けするレンズ」ならば、非純正品は「職人気質のレンズ」とでもいいましょうか。 ある一点だけの品質を上げたようなレンズも存在しますし、 魚眼レンズなど特殊な用途のレンズも探せば見つかります。宝探し感覚ですね!

その分、値段の分、と言ってもいいでしょうか、 サポートの薄さや本体カメラとの相性が上手くいかない(場合もあるくらいですが。)こともあります。カメラもレンズもメカだし、チューニングは必要ですからね。。

まとめ

いかがでしたか?

レンズを買いたい→純正品を見る→高くて絶望

まではカメラ買い始めて誰もが経験する流れだと思います。そんなときは非純正品に目を向けてみましょう!!

きっと、いいものが見つかりますよ!ではでは٩( ᐛ )و