プロクラシスト

みんなのProcrastination(先延ばし、回り道)を少しでも有意義に。

MENU

インパクト大!スープと鮎の組み合わせが絶品 鮎ラーメン@二子玉川

こんにちは、ほけきよです。

普段は東京の田舎の方で生きている私ですが、 たまに出てくる都会、二子玉川(にこたま)に浮かれていました。

都会に来たらすること、そう!「新規ラーメン開拓」 ですよね!!ライフワークですよ。

にこたまといえば、前々から行って見たかったラーメン屋がありました。

鮎ラーメンです!

どストレートな名前。気合が伝わって来ますね

食べログの口コミを見ていても 鮎のインパクトがすごい!と、期待感の高まる内容。早速行ってみることに

入店

夕方は18開店。5分前にいくと、すでに8人の行列が… 座席は7人。ファーストロットに間に合わず。 しかしいいのれんですね〜好き。

注文

夏は午前中のみ「鮎涼ラーメン」というのもやっているらしい。しかし夕方は通常の鮎ラーメンのみ。

メニューはこんな感じ。

鮎のサイズは

  • 鮎ラーメン(1/4尾)
  • 鮎ごとラーメンハーフ(1/2尾)
  • 鮎ごとラーメン(1尾)

と選べる。 匂いがきついという人は1/4から挑戦するのがいいかも。

もう一つ、鮎焼きおにぎりというのが気になったので、それも注文。 しばし待つ。

実食

まずラーメンが登場!!

まず超絶インパクトな鮎の塩焼き一尾。鎮座ましましております。 「骨はありませんので、どうぞ頭からいっちゃってください」との店員。

そして黄金色に輝く淡麗スープ。美しい。

スープの味はとてもスッキリしていて、まさしく淡麗系。しかし、「ちょっと薄いのかな?」と思うくらい。 それは、鮎の塩焼きを食べてから理由がわかりました。塩焼きの味がしっかりとついているので、そのバランスをとってのこの薄さ。絶妙な組み合わせでございます。スルスルと啜れちゃう。

鮎の塩焼きは、川魚がほのかに香る一品。生臭さというと語弊があるかもしれないが、ひかりもの特有の香りはしっかり残っています。そもそも鮎嫌いな人がこのラーメン屋にくることはないですし、このくらい香りを残してくれたことに、鮎大好きな私は大歓喜

そして締めのおにぎり。店員曰く、「そのまま食べてもいいですし、スープ内に突っ込んじゃってもいいですよっ」とのこと。表面はかなり良い塩加減。鮎の味付けは香りだけなのかな?そこまで主張は感じませんでした。 最後にスープにおにぎりをぶち込むとまた美味。塩加減が最高!

まとめ

鮎と一緒にラーメンをすする。とっても贅沢な一品でした。大好きなものに大好きなものが組み合わさると、サイコーなんですね。そういうことですね。

食べ終わると行列が15人くらいに増えてました。大人気なところなので、少し並ぶかもしれませんが、是非是非いくことをオススメします!ではではっ

店舗情報

鮎ラーメン(食べログ)

  • 最寄駅 : 二子玉川
  • 営業時間(昼) 11:30~14:00(売切終了)
  • 営業時間(夜) 18:00~翌1:00(売切終了)
  • 年中無休