読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロクラシスト

みんなのProcrastination(先延ばし、回り道)を少しでも有意義に。

MENU

Dropbox創業者がMITで行った卒業スピーチ『成功への3つの秘訣』が珠玉。

f:id:imslotter:20170312175716p:plain

こんにちは、ほけきよです。

卒業シーズンですね。 日本の大学でも、ありがたいお話をお偉いさんがしてくれることでしょう。

さて、海外の有名大学では、各業界の『カリスマ』たちが卒業スピーチをしてくれたりします。 これを“Commencement Speech”と呼びます。

今回は、そんなCommencement Speechの中でも、特に私が感銘を受けた Dropbox創業者、『Drew Houston(ドリューヒューストン)』のスピーチを紹介します。

世界一有名なCommencement Speech

その前に、Commencement Speechといえばコレだろうという、伝説のスピーチがあります。

www.youtube.com

これについては、有名なので、たくさんの記事が見つかると思います。 ちょっと触れたものが前記事にあるので、興味があればご覧ください

ドリューヒューストンとは

Dropboxを作り、あそこまで大きな企業に成長させた男です。

ちなみに、最初の会社は21歳のときに立ち上げています。行動力がすごい

Drew Houston について

DropboxのCEO、共同創業者。(2007年にプロジェクト開始)
■ 2006年にマサチューセッツ工科大学(MIT)の学士号を取得。
■ Fortune誌の「40歳以下の注目すべき40人」に選ばれる
■ 2014年にTechCrunch の「Founders of the Year」(年間創業者賞)に選出。

名スピーチ『成功への3つの秘訣』

MITの卒業生として、2013年に行ったスピーチです。

自分の経験談を語りながら、『成功のためのCheat Sheet』を教えてくれます。 その中に書かれている言葉は、3つだけ。「テニスボール」、「サークル」、「30000日」です

これだけでは意味不明ですよね?スピーチを聴いてみましょう。

www.youtube.com

そんな時間はない!というかた、↓にエッセンスだけ書いておきました。

成功のためのCheat Sheetの要約

忙しい人のために、3つの秘訣を要約してみました! しかし、この方のエピソードありきだとも思いますので、ぜひ一度は聴いてみてください。

テニスボール

『テニスボール』要約

■ 「好きなことを仕事にしなさい」は無意味。みんな今の仕事を嫌いだと思いたくないから。

■ 成功している人たちは、好きなことをしている人じゃなくて、「自分にとってのチャレンジを攻略することに夢中な人」。その人たちはテニスボールを追いかける犬に似ている。

■ 自分にとってのテニスボールを見つけるのは難しい。自分の頭の中の小さな声(直感)を黙らせず、耳を傾けることが大事。

Dropboxは初めは気分転換でやっていた遊び。でも、チャレンジに必死になっているうちに大きくなった。

When I think about it, the happiest and most successful people I know don’t just love what they do, they’re obsessed with solving an important problem, something that matters to them. They remind me of a dog chasing a tennis ball.

自分にとって夢中でチャレンジできること、それを追いかけ続けようということですね!

サークル

『サークル』要約

■「あなたの価値は、自分と一緒に過ごす人の5人の平均値で決まる」

■ 自分に刺激を与えてくれる人と一緒に過ごすということは、自分の才能や努力と同じくらい大切

■ どんな道にも必ずその道の最高の人達が集まる場所がある。志すならその場所に行くべき

They say that you’re the average of the 5 people you spend the most time with. Think about that for a minute: who would be in your circle of 5?

『類は友を呼ぶ。』最も中の良い5人を想像してみて、その環境で自分が満足か考えてみるのもいいのではないでしょうか。自分の中で何かを変えたいなら、環境を変えてみるのがいいのかもしれません。

30000

『30000』要約

■ 「人生は約30000日」

■ 心配性と完璧主義がなくなったのは、この事実を知ってから

■ もう準備をしている暇なんてない、練習は終わり、リセットボタンなんて無い

■ 人生を完璧にするのではなく、冒険に満ちた面白い人生にしよう

So that’s how 30,000 ended up on the cheat sheet. That night, I realized there are no warmups, no practice rounds, no reset buttons.

『人生は何事もなさぬにはあまりにも長いが、 何事かをなすにはあまりにも短い。』 何かを成し遂げたい人は、頭で考え過ぎず、とにかく行動しろ。ということですね!

終わりに

ちなみに、"Comemencement"という語の本来の意味は「開始、始まり」です。 卒業式といういわば「終了」する場において、逆の意味を用いることで 「卒業は終わりじゃない、これからが始まりなんだ」というまさに「門出の言葉」といった感じが、いかにもアメリカらしいですよね。

それを表したDrew Houstonのスピーチの引用でこの記事を締めたいと思います。

There are a lot of reasons why this is a special day, but the reason I’m so excited for all of you is that today is the first day of your life where you no longer need to check boxes. For your first couple decades, success in life has meant jumping through one hoop after another: get these test scores, get into this college. Take these classes, get this degree. Get into this prestigious institution so you can get into the next prestigious institution. All of that ends today. (Drew Houston)

日本語訳は↓

なぜ、この日がこれ程特別なのか。それには、たくさんの理由があります。私が強調したいのは、私たちは初めてその日から採点されることがなくなることです。ここまでの何十年かは、人生での成功とは、バスケットボールでシュートを決めたり、テストでいい点を取ったり、大学に入ったり、授業を取って学位を取得したりすることでした。今日、そんな素晴らしかった毎日が終わり、また新しい毎日へと旅立つのです。全てが今日変わります。

採点がない世界、曖昧で主観的で厳しくも楽しい世界が社会です。 このスピーチのカンニングペーパーが、そんな社会で生き抜く参考になればと思います。ではではっ!

心に残る 入学式・卒業式のあいさつ

心に残る 入学式・卒業式のあいさつ