プロクラシスト

今日の寄り道 明日の近道

【SAMYANG 14mm F2.8】オーロラも星空も撮影できる単焦点広角レンズ!


スポンサーリンク

こんにちは!ほけきよです٩( ᐛ )و

今回は、カメラのお話

一眼をお持ちのそこのアナタ!ぜひ見てください! 一眼レフを買うと、普通のズームレンズだけじゃ我慢できなくなってくると思います。

今日は、そんな中でも個性的なレンズ、「単焦点広角レンズ」を紹介します

なんで超広角レンズ

私が超広角レンズを買おうと思った理由は

  • オーロラ撮りたい

ってなったからです

たまたまフィンランドに行ける事になったので、「フィンランド?じゃあオーロラじゃん」ということで購入を検討

オーロラの撮り方、とかでぐぐってみると

  • 空いっぱいに広がるオーロラを余すことなく撮す
  • 絶えず動くオーロラをバッチリ撮る

が条件。1つめの条件で

  • カメラ本体のセンサーサイズはフルサイズ
  • レンズは広角

が良いということになります

難しいのが二つ目。

通常夜の撮影はシャッタースピードを遅くして撮るのですが、 オーロラは絶えず動いているので、バッチリ撮るためにシャッタースピードを上げないといけないのです。

ということは

  • カメラ本体は高感度
  • レンズのF値は低め

が必要となってくる。

カメラ本体はキヤノンの6Dを購入していたので、問題はなさそう

ということで、条件に合う『超広角かつ、F値が低いレンズ』を探すことに

単焦点広角レンズは高い

まずは純正品。超広角レンズ、各社の純正品で良いものを出しています。Canonならこちら

「お、純正品、ええやん」

と思い、値段を見てびっくり。フィンランド2回行けちゃう…

純正品なので、品質は間違いないのでしょうが、流石に断念。

一般的にF値が低いほど実現に技術を要するので、高くなっちゃうんです。

Nikonの純正品とかも20万を超えてきます

そこで、SAMYANGですよ

そこで見つけたのがこのレンズ

なんと、さっきのCanonNikonの純正品と同じ画角とF値!さらに、フルサイズ対応

ということです。

「でも、お高いんでしょう??」

と思い、値段を見てみると

38250円

なんと、Canon純正品の約1/6です!これは最高なのでは??

何でそんなに安いの?SAMYANGレンズの悪い点

でも、何でそんなに安いのでしょう。もちろん、キャノンの純正品に比べて、劣る点はあります。
ざっと悪い点をあげると

  • F値を低くしすぎると周辺減光が大きい
  • 端のレンズの歪みが大きい
  • 色収差が大きい・フレア、ゴーストになりやすい
  • マニュアルフォーカス

などでしょうか。まあ始めの3つは端的に言うとレンズの質が悪いということです。 *1

最後のマニュアルフォーカスも、大きな減点要素だと思います。
最近のレンズは基本自動的にピントを合わしてくれるものなので、なかなか使うのに苦労しそうです。 *2

しかし超広角の魅力、安さ、そしてオーロラへの情熱に突き動かされ。購入を決意

それで、オーロラは撮れたの?

Canon 6DとSAMYANGレンズを引っさげ、 オーロラを求めフィンランドのivaloというところまで行ってきました。

オーロラ、出ました。写真はこちら

f:id:imslotter:20161102110025j:plain

しょ、しょぼい。。。

これでも現地にいるときには感動しました。 しかし、空いっぱいに広がるオーロラは撮影できず。無念…

これに関しては、また時間とお金を作って必ずリベンジします!!

予想以上の活躍!オーロラ以外にも全然使える!!!

では、SAMYANGレンズは無駄買いだったのか??

全くそんなことありませんでした。

肝心のオーロラはイマイチに終わったものの、SAMYANGレンズはその時の旅で大活躍でした。

良い点・悪い点を並べてきましたが、実際の写真を見てもらったほうが早いでしょう。

-20℃極寒の世界に広がる星空(Finland, Ivalo)

f:id:imslotter:20161102110103j:plain

私の旅の中でも随一の美しい写真です! 画角が広いので、星と景色を同時に撮影*3することができます。

北欧は、冬になると曇りが多くなるので、そもそも星空を見るのさえ珍しいらしいです。それなら尚更オーロラ出てくれよ…!

迫力満点!ローアングルからの建物(Belgium, Grand Pace)

f:id:imslotter:20161102110217j:plain

14mmは目よりも広く物を捉えるので、新しい世界を見ることができます。
写真はベルギーの世界遺産グランプラス。ローアングルから見上げるように撮れば、覆いかぶさるような迫力満点の写真になります。

周辺減光も寂しさを演出していい味?(Lithuania, Vilninuis)

f:id:imslotter:20160921011736j:plain

どのくらい周辺減光するのかこの写真の空を見ればわかると思います。 F値にもよりますが*4、やっぱり周りは暗くなっちゃいます。
それでも、この街のように少し寂れた感じを出すには周辺減光もいい味かな~、と個人的には思っています。

プロには粗いが趣味に使うにはコスパ最強のカメラ

さすがに、写真を撮ることを生業にする方々からすれば、いろいろ質の低い部分は見つかると思います。

しかし、趣味で使うには全く問題ありません。

むしろ、旅や日々の生活から新しい世界を切り取って魅せてくれます。

面白いレンズがほしいと思っている方、コスパは最強なので、是非検討してみてください!

ではでは٩( ᐛ )و

*1:レンズの歪みなどはphotoshop(lightroom)で修正アルゴリズムがあるそうです。

*2:ライブビューイングができるカメラだと、画面ズームができるので、ピントを合わせやすいです。

*3:星景写真といいます

*4:ちなみにこのレンズの最適なF値は8.0付近です

PROCRASIST