プロクラシスト

今日の寄り道 明日の近道

はてなブログ記事内の画像を自動で全部ぶっこ抜く


スポンサーリンク

こんにちは、ほけきよです。

ぶっこ抜き記事第二弾です。第一弾はこちら。今あるタイトルとURLを全部ぶっこ抜いてくるやつ

今回は記事最適化がメインです。なんでも

  • ページ表示スピードははSEOに大きく関係する

らしい。そして、

  • 画像の圧縮は表示スピードに大きく関係する!

らしい。つまり、画像を圧縮すればSEOに強くなるよ!ということ。画像を圧縮するために、まずは画像をぶっこ抜くことから始めよう。ということです。

画像の圧縮は表示スピードに大きく関係する!

ページ表示高速化に関しては、

つばさのーとさんの記事がめちゃくちゃ参考になります。

この中でも最もわかりやすいかつ効果的なのが画像の圧縮。これにより、表示スピードが格段に上がります。

いちいち画像をDLするのは面倒

なるほど!と思い、いちいち記事内画像を

右クリック⇨保存⇨Googleフォトで圧縮

としようと思っていたのですが、3記事で飽きました

やってられない。なので、これも自動化しちゃいましょう。

やりたいこと

まず、やりたいことを明確にしておきます

■ 記事内の画像(`gif`, `jpg`, `jpeg`, `png`)を抜きたい

■ 特に、**はてなフォトライフ**からの画像を全部抜きたい*1

■ ぶっこ抜いた画像は**Googleフォト**にアップして、画像をGoogleフォトからのリンクに差し替える

こんな感じ。

環境を作る

すでにpython環境を持っているという方は、bs4urllibだけ入れればOKです。*2 python環境をwindowsにいれる方法は、私の過去記事に書いています。anacondaを入れておくと大抵のことができるのではかどります(容量が2GBほど必要ということには注意しておいてください)

コード

下記コードをコピペしてimg_from_articles.pyなどで保存してください。

どこでもいいのですがあんまりわからない!って人はデスクトップに一旦保存しておきましょう。

コードをみる
#coding: utf-8

from bs4 import BeautifulSoup
import urllib
from urllib import request
import time
import csv
import os
from argparse import ArgumentParser

def extract_urls(root_url):
    """
    トップページを指定すると、ブログ内に存在するurlをすべて抜き出してくれる
    """
    is_articles = True
    page = 1
    urls = []
    while is_articles:
        try:
            html = request.urlopen("{}/archive?page={}".format(root_url, page))
        except urllib.error.HTTPError as e: 
            # HTTPレスポンスのステータスコードが404, 403, 401などの例外処理
            print(e.reason)
            break
        except urllib.error.URLError as e: 
            # アクセスしようとしたurlが無効なときの例外処理
            print(e.reason)
            break
        soup = BeautifulSoup(html, "html.parser")
        articles = soup.find_all("a",class_="entry-title-link")
        for article in articles:
            urls.append(article.get("href"))
        if len(articles) == 0:
            # articleがなくなったら終了
            is_articles = False
        page += 1
    return urls

def articles_to_img(root_url, urls):
    """
    各記事内の画像を保存
    - gif, jpg, jpeg, png
    - 記事ごとにフォルダ分けして保存される
    - imgs/{urlの最後の部分}/{0-99}.png
    """
    rootdir = "imgs2"
    if not os.path.exists(rootdir):
        os.mkdir(rootdir)
    for i, url in enumerate(urls):
        try:
            html = request.urlopen(url)
        except urllib.error.HTTPError as e: 
            print(e.reason)
        except urllib.error.URLError as e: 
            print(e.reason)
        soup = BeautifulSoup(html, "html.parser")
        # ディレクトリの作成
        dirname = url.replace(root_url+"/entry/","").replace("/","-")
        print(i, dirname)
        article_dir = os.path.join(rootdir, dirname)
        if not os.path.exists(article_dir):
            os.mkdir(article_dir)
        entry = soup.select(".entry-content")[0]
        imgs = entry.find_all("img")
        count=0
        for img in imgs:
            filename = img.get("src")
            # 拡張子チェック
            if filename[-4:] == ".jpg" or filename[-4:] == ".png" or filename[-4:] == ".gif":
                extension = filename[-4:]
                print("\t",filename)
            elif filename[-5:] == ".jpeg":
                extension = filename[-5:]
                print("\t",filename,extension)
            else: 
                continue
            try:
                image_file = request.urlopen(filename)
            except urllib.error.HTTPError as e: 
                print(e.reason)
                continue
            except urllib.error.URLError as e: 
                print("ERROR", e.reson)
                continue
            # 画像ファイルの保存
            with open(os.path.join(article_dir,str(count)+extension), "wb") as f:
                f.write(image_file.read())
            count+=1
        time.sleep(5)

if __name__ == '__main__':
    parser = ArgumentParser()
    parser.add_argument("-u", "--url", type=str, required=True,help="input your url")
    args = parser.parse_args()
    urls =  extract_urls(args.url)
    articles_to_img(args.url, urls)

使い方

ターミナル or コマンドプロンプトを開き*3、さっきのimg_from_articles.pyが保存されている場所まで移動します。 デスクトップに保存している方は下記コマンドで実行されるはずです。

cd Desktop
python img_from_articles.py --url http://www.procrasist.com

一行目はデスクトップに移動しています。二行目の解説をちらっとしておくと

  • --url 以後には自分のサイトのURLを入力してください。URLの最後の/はつけないでください。

これで、デスクトップにimgsというフォルダができて、その中に書く記事ごとにフォルダ分けされて画像が格納されているはずです。 こんな風に

f:id:imslotter:20170703023214p:plain

注意点は

  • フォルダ名はentry/以下の記事URLから抜いてきています
  • 日付が記事URLになっているやつは、“/"を”-“に変えています。
  • はてなフォトライフ以外からの画像は読み込めないときもあります*4
  • 実行時のアクセス負荷を考えて、各記事の間にsleep時間を入れている(5秒くらい)ので、少し時間がかかります。。

終わりに

いかがでしたか?

これでぶっこ抜いた画像をGoogleフォトに投げれば完璧です! めんどくさいことは機械的に終わらせたいですね。最近そんな本も出ていましたし。

よし、これで準備が整った!さぁ記事の最適化をするz...( ˘ω˘)スヤァ

*1:なんかpngで圧縮かけたときにうまくいかないことがあるらしい

*2:2系の人はurllib.requestをすべてurllib2に置き換えればいいはずです。面倒だったのでやっていません!いずれやるかも

*3:windowsユーザーへ。簡単な開き方は、windowsボタン+“cmdと入力”+Enterです

*4:そのときはエラーが出力されているはずです。

PROCRASIST