読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロクラシスト

みんなのProcrastination(先延ばし、回り道)を少しでも有意義に。

MENU

Windows10でちょっとしたpythonコードを使う環境を作る、その① -- AnacondaとPycharm

技術Tips 技術ログ

Windowsでちょっとしたpython環境をつくる

現在の環境

最近Desktopを買い替えて、諸般の事情でOSはWindows10を入れてみました。
ここ数年はプライベートでwindowsを使っていなくて、 *1 前に使ったwindowsVistaとかだったので、玉手箱状態である。

普段はubuntuでコードを書いたりしているのだが、numpyとかmatplotlibとかが使えればいいくらいのときに わざわざubuntuじゃなくてもよいかなーと思って、Windowsでも軽くpythonのコードが書けるように環境を作ってみました

ワンチャンpythonはいってるのでは??

Windows10だし、なんかbashが使えるようになったらしいし、ナウいからpythonくらい入っているのではないか?? と思い、とりあえずpowershelというものを開きpythonと打ち込んでみた

f:id:imslotter:20161001151610p:plain

Oh, windows

実際に環境を構築する

環境を構築すると言っても、やることはたったの2つ

  • Anacondaをインストール
  • Pycharm(エディタ)をインストール

今回は、これらの手順を紹介します!

Anacondaのインストール

調べていると、

windowspythonはnumpyやscipyを入れる時にコケることが多い”

とのこと。 情弱の私はコケるの嫌なので。そういうpythonで使う便利なモジュールがまるっと入っているAnacondaを使ってpythonをインストールします。

  • AnacondaのHPの、windows用ページに行く。ダウンロードページ
  • 自分のPCに合わせて3系をインストール(今回は64bit。結構ファイルサイズが大きいので注意)

f:id:imslotter:20161001151825p:plain

※2GBくらいあるので容量のチェックをしておきましょう。

インストールして、基本的にはNextを押していけばOK

一つだけ、Advanced Optionsで以下の2つにチェックが入っていることだけ確認しておいてください!

f:id:imslotter:20161001151939p:plain

きちんとインストールlできていると、powershellを開いたときにこうなります

f:id:imslotter:20161001152046p:plain

numpy, scipy, matplotlib, pandasなど、

各種有名どころのモジュールは基本的に入っているので楽です!

f:id:imslotter:20161001152101p:plain

これでpythonが使えるようになりました。

Pycharmのインストール

次はエディタ

Vim!!!!11Emacsコロス』とか『emacs!!!!!!Vimは滅ぶべき』

とか、特にこだわりがなければ最強のpython IDEであるPycharmを平和的に使うのがいいと思います。

まず、Pycharmのページに行きます。

今回はWindowsなので、WindowsCommunity Downloadをクリック。

f:id:imslotter:20161001152146p:plain

ダウンロードが完了したらインストールに進みます

  • pycharm-community~~.exeを開き、基本Nextボタンをポチる

ただ、↓だけ注意。create associationsの.pyにチェックを入れましょう

f:id:imslotter:20161001152236p:plain

インストールが終わったら実行

ここでもともと使ってた設定ファイルなどがない場合はそのまま↓画像のボタンを押します

f:id:imslotter:20161001152401p:plain

始めに色の設定などをしてくれる。
個人的なおすすめはDarcula。ナウくてクールです

f:id:imslotter:20161001152422p:plain

PycharmとAnacondaをつなぐ

ここまできたら最後の仕上げ。PycharmでAnacondaを動かせるように設定します。

  • Pycharmを再び起動させ、create new projectを押す

f:id:imslotter:20161001152450p:plain

  • New Project画面で、locationのところにフォルダ名を書く。ここではtestとしている。
  • Interpreterのところに、Anaconda3/python.exeがある場所を入力

わからなかったらwindowsの検索で『Anaconda3』と打つとOK。そしてCreateボタンを押す。

interpreterf:id:imslotter:20161001152711p:plain

  • 新しくpythonファイルを作る。
    • 左上のFileからNewを選択し,Python Fileをクリック

↓画像のようにして、新しいファイルを作ります。(ここで名前はhello.py)

f:id:imslotter:20161001152741p:plain

Pycharmのいいところは、何もしなくても補完がしっかりしているところ。
試しに printを打とうとすると、こうやってすぐに補完してくれる。すごい。

f:id:imslotter:20161001153005p:plain

コードが書き終わったら、Shift+Ctrl+F10キーを押すことで、実行できる。

f:id:imslotter:20161001153048p:plain

Gitの設定はしておきたい

細かい設定しなくても、これだけでちょちょっとコードを書くくらいには十分すぎる環境が整います ただ、Gitの登録だけはしておいた方がいいです。Gitについては下の関連記事を参照ください! 意外と簡単だった。さあ、プログラミングを始めましょう!

*1:だからと言ってプログラミングをしていたわけではない。Macでスタバドヤしたかっただけ